上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


NYダウ 9,387.61 +936.42
NASDAQ 1,844.25 +194.74

スーパーリバウンド!
金曜日に引き続き、今度は逆の方向で先物のCB。
まさか連続で2回も見れるとは・・・
+1310円の9330円で寄り付き、すぐにCB。
再開後は揉み合い。大引けにかけて買われ+1660円!の9680円で終了。

現物はほとんどS高気配。
こちらは+1171.14円の9447.57円。

ノートレード。


寄りでminiを決済。
さすがに押すだろうと予想したのだが全く関係なし。
利確から400円も上げればそりゃ悔しかったりもする。

11P625 L@40*2
11P675 S@75*2

11C110 S@105*3
11C112 L@80*3

12mini L-C@9300*3 +221.5
+221.5

デルタ -0.38
ガンマ -0.032
ベガ -15.81
セータ 18.00

-318




日経平均急反発、終値1171円高の9447円 過去最大の上昇率

 14日の東京株式市場で日経平均株価は急反発した。大引けは3連休前の10日比1171円14銭(14.15%)高の9447円57銭。上昇率はバブル崩壊初期の1990年10月2日(13.24%)を上回り、過去最大を記録した。10日の7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議後に欧州各国が金融機関への公的資本注入など金融危機対策を打ち出したことを好感し、主力株中心に買い戻しが殺到した。米政府による追加対策への期待もあって、三菱UFJやみずほFG、ソニー、武田といった主力株が軒並み値幅制限の上限(ストップ高)まで買われた。東証株価指数(TOPIX)も急反発。

 日経平均が一時1000円あまり下落し、バブル経済崩壊後の安値(2003年4月28日の7607円)が視野に入った10日から地合いが一変。10日までの7日続落による下落幅(3091円)の約4割を戻した。株価指数先物にも買いが膨らみ、朝方は日経平均先物とTOPIX先物に2日連続でサーキット・ブレーカー(取引の一時停止措置)が発動された。〔NQN〕 (15:26)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。