上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オプション12月限利益 22.3万
先物12月限利益 243万

12月は値幅1000円と控え目な動き。
クリスマス付近は出来高も超閑散。
大納会で間近高値を超えての終了。
チャート的には2番底を打ったように見えるがさてどうなることやら・・・


スポンサーサイト
オプション11月限利益 847.7万

11月5日に9570円をつけて揺れながらの下げ。
21日には安値7360円まで。
大体8000円台での値動き。
新興市場も奮わず横ばい。
少しは落ち着いた感があるが実態経済は日に日に悪くなっており予断を許さない。


残高 746万

オプション10月限利益 -762.2万

期先で大きく利益を出していたためこんな結果。


10月になり、わずか8営業日で高値11520円から安値7840円と3680円もの下げ。
金融システムに不信感がつもり資金調達が困難と騒がれ始めた。

後半には2003年のバブル崩壊後の安値を更新し6990円まで下げ。
ESでは6830円をつけた。
500円前後の上げ下げが日常的になりボラが高く大荒れな日々。
世界中の通貨が売られ、ドル円は90円をつけた。ユーロも113円。

SQはなんと前日終値比-1164.89円ととんでもない結果。
225の上昇率、下落率上位を塗り替え、
さらに先物が何度かCBをつけた歴史的な一月。


残高 737万 → 746万

利益 9万

オプション9月限利益 -33.1万
先物9月限利益 67.9万

現物は9月3日以降取引なし。
先物・OPに完全移行。

9月に入りすぐに間近安値を更新。
中頃に米リーマンが破産法適用申請。
後にここから危機が始まることになる。
こういうのは日本が3連休な時が多いのは気のせいだろうか?
火曜日の寄り付きで一度全ポジション決済。
IVがどんどん上昇していったのをよく覚えている。

月末にはNYが史上最大の下げ。
NYダウ 10,365.45 -777.68
NASDAQ 1,983.73 -199.61
再度全ポジ決済で作り直す。

リーマンの破綻以降大きく窓を開ける日が続く。
11000円は何とかキープ。


残高 748万 → 737万

損失 -11万

オプション8月限利益 -153.5万

1000円くらいのボックス相場。
7月16日の安値12680円を割り込む展開。
25MAと75MAが重くのしかかる。



残高 750万 → 748万

損失 -2万

オプション7月限利益 -32万


7月16日に12700円前後の間近安値をつけてようやく反発。その後は13000円近辺。
下げ続けていたNYも一段落な動き。
まだまだ不透明感はたっぷりだがしばらくはボックスでの動きくさい。

バックスプレッドが不発で損失急拡大で苦しい展開だった。
13500円回復の段階で辛うじて逃げられた。
日々少しずつ変化していくのがよくわかる。




残高 753万 → 750万

損失 -3万

オプション6月限利益 238.5万
先物6月限利益 -51.9万

6月6日に高値をつけて、それでも75MAを維持。
しかし27日に割り込み13500円付近。
NYは1ヶ月間下げっぱなしで年初来安値を更新。
比較的強い日本もつられての下げ。
相変わらず難しい相場が続く。

オプションの大きな利益は7月限に先送りされた結果。数字だけのもの。
日々の収益ではなく、各限月での計算だからこの様なことになる。
例えばカレンダー組んだら、決済段階では期近が利益で期先が損失となる。



残高 744万 → 753万

利益 9万

オプション5月限利益 -73.3万

4月のまとめ書いてませんでした。5月5日付けで簡単に書きました。

225は13500~14500円のボックスでの動き。
でも動き自体は荒くて振り回される日々だった。
上方修正期待の銘柄を拾って利確を繰り返す。
無難な勝ちを収めたと思ったら、久々にIPOでぶっ飛ばした。

オプションは4月~5月にかけてのIVの低下をモロにくらい厳しい展開。
IVが低くてSQ前に大きく売れず、セータが取れなくてこんな結果。
4月SQから5月SQにかけて225は右肩上がりでプットをインザマネーで決済する始末。
そしてSQ通過後下げ。もう少し早く・・・




残高 745万 → 744万

損失 -1万

オプション4月限利益 48.8万

多少の押しを入れつつ、12500くらいから14000円まで上昇。
現物はノートレードの日が多かった。



残高 738万 → 745万

税引き後利益 7万
税引き前利益 7.8万

オプション3月限利益 -115.2万
先物3月限利益 93.4万

相変わらず冴えない成績。
1月22日の安値を軽く更新し、3月17日には11600円台。
翌日にもう1段下げたらプットを大量に売ろうと思っていたが反発の動き。
ドル円は95円台。
年初からのロスの1/4を取り戻した。夏までにはトントンにしたいところ。
最近では過度な悲観が後退しつつあるらしいがいまいち信用できない。
まだまだ油断できない地合が続く。



残高 733万 → 738万

税引き後利益 5万
税引き前利益 5.6万

オプション2月限利益 -86.6万

1月22日の大底から反発。上に下にハイボラティリティな展開。
ヘッジをかけながらSQを待つ。
14000円に近づき、そして2月SQ前に1000円近く暴落。
ヘッジが裏目に出てロスがかさむ。
結局、放置していれば1月のマイナスを取り返せただろう展開。
もちろん結果論。終わったことは仕方がない。

1月からの下げで資産の1/3が飛んでいった。
はじめてストレスで全く食欲がないってのを味わった。
切り替えが早い俺でもメンタル面の復活は2週間近くかかった。
十分勉強したつもりだったが、全然だったようだ。またまた高い授業料。
デルタよりもガンマ、ベガの脅威。
SQを通過してからはポジティブガンマ、ベガ。こうすると大きな変動には強い。

しばらく離れていた現物株はボチボチ様子を見つつ感覚を戻す程度。



残高 781万 → 733万

損失 -48万

オプション1月限利益 -183.4万

2008年スタートから暴落。
年末年始の休みを利用してのディケイ狙いが裏目に出て一気に100万超えの損失。
SQ前日まで粘り、ある程度戻すもプラスには転じず。
その後も暴落の暴落でま~ヒドイ仕打ち。
先物は夕場で12000円手前までの下げ。
ほとんど先物・OPにつきっきりで現物株なんて放置状態。
さらにAQIの下方修正で株もマイナススタート。
ま~とにかく何とかせにゃ話にならん。



年初残高 1032万
年末残高 1323万

支払済税  32.3万
利益    323万

--- その他口座 ---
MONEX 10万

OP -5万


計 328万


メイン口座損益

2007/01 663,565
2007/02 286,949
2007/03 -18,744
2007/04 15,633
2007/05 856,572
2007/06 509,158
2007/07 10,504
2007/08 -266,786
2007/09 252,509
2007/10 397,541
2007/11 189,721
2007/12 11,920

2007年計 2,908,542


明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

さてさて2007年。。。しんどかったです。
いろんなBlogを見てますと、2007年の利益は2006年の1/3くらいが多いんじゃないでしょうか。
私も大体それくらい。この程度の成績では先行きが不安でいっぱいです。


現物株の方は全くふるわず。
最終的にプラスだったのはOKだとしても、いろいろと今後の課題が見えた1年だった。


OPの思い出。
2月の世界同時株安。
OPで数日の内に200万の損失。年初からの利益がぶっ飛んだ。
さすがに放心状態。魂が抜けたとはこのこと。

忘れもしない8月17日は日経平均が-874円。
当日はデート中で、携帯でチェックした時は正直青ざめたw
幸い↓への対処をしていたので逝くことはなかった。
翌営業日の寄りでさらに対処したが、それでも含み損が大きく膨れ上がった。
IVってあんなに上がるものなのか・・・と。IVの重要性を再確認。


2008年も厳しそうなので、引き出しからいろんな道具を出せるようにしたいと思います。


残高 1322万 → 1323万

税引き後利益 1万
税引き前利益 1.1万

オプション12月限利益 75.5万
先物12月限利益 -57.5万

途中まで赤字を覚悟していたが何とかプラスへ。
リスク背負って+1万て・・・orz

クリスマス前くらいから閑散相場。先物が大暴れ。
新興は反発かと思いきや、翌日には実質逝ってこい。

OPは年末年始を考慮してかIVが急低下。
去年はIVなんて気にしてなかったからかまわず売っていたが、
この1年でIVの重要性を認識したので売るに売れず。
最終日の寄りで売ったものの裏目にでる。引けで売るべきだった。





残高 1303万 → 1322万

税引き後利益 19万
税引き前利益 21.1万

オプション11月限利益 65.7万

月はじめと月半ばに北海道と沖縄に旅行に出かけたため、実質2/3の営業日。
大きく下げたことを考慮するとプラスで十分という感じ。
もちろん専業である以上そんな甘いことを言ってられないのだが。
後半の225の上げには全く乗れず。GUでの上げはそこから買うのは難しいね。

需給が改善したとか、サブプライム問題への懸念が後退したとか言われるが真実はどうなんでしょ?そりゃどうであろうがマーケットの動きについていくしかないのですが。

ようやく安定したオプションのポジション取りがわかった。
リスクが小さい分大きな利益には繋がらないがジワジワとは可能。

締めの月。
毎年恒例の上げになるのでしょか?



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。